e!集英社

集英社の電子書籍のプロモーションHPです。※このサイトで電子書籍の購入はできません。各書店のご利用をお願い致します。

  • 集英社インターナショナルe新書 1st ANNIVERSARY
  • ランボーはなぜ詩を棄てたのか(インターナショナル新書) 奥本大三郎

    早くから詩の才能を発揮したランボーだったが、20歳で突然、詩作を放棄する。なぜ、ランボーは詩を棄てたのか? 奥本大三郎による詩の新訳とともに紡ぐ、ランボー伝!

    ランボーはなぜ詩を棄てたのか(インターナショナル新…

    奥本大三郎

  • 明治の説得王・末松謙澄 言葉で日露戦争を勝利に導いた男(インターナショナル新書) 山口謠司

    政治家として、また多才な文化人として、西郷隆盛への降伏勧告状、大日本帝国憲法、下関条約の締結文の草案を書き、明治維新史『防長回天史』を編纂。日露戦争では日英同盟の強化などにより日本の窮地を救い、近代…

    明治の説得王・末松謙澄 言葉で日露戦争を勝利に導い…

    山口謠司

  • ルポ 日本のDX最前線(インターナショナル新書) 酒井真弓

    今、“DX”の現場では何が起きているのか――3行政機関+7社の本音を取材。「IT後進国ニッポン」「なぜGAFAやBATHと渡り合える企業が生まれず、オードリー・タンが現れないのか……」世論に乗じて、そうわかりやすく悲観的…

    ルポ 日本のDX最前線(インターナショナル新書)

    酒井真弓

  • あなたの隣の精神疾患(インターナショナル新書) 春日武彦

    身近な精神疾患の数々と、その対応法が理解できる入門書! チェックリストやマニュアルで自己判断が可能なほど精神医学はイージーなものではない。長年、患者を観察し続けてきた精神科医だからこそ確認し、解説でき…

    あなたの隣の精神疾患(インターナショナル新書)

    春日武彦

  • 「現代優生学」の脅威(インターナショナル新書) 池田清彦

    優生学はかたちを変え、何度でも甦る。一度は封印されたはずの「優生学」が奇妙な新しさをまとい、いま再浮上している。現代的な優生学の広がりに大きく寄与しているのが「科学の進歩」や「経済の低迷」、そして「…

    「現代優生学」の脅威(インターナショナル新書)

    池田清彦

  • ウンチ化石学入門(インターナショナル新書) 泉 賢太郎

    ウンチ化石がもたらす壮大なサイエンスロマン。「生痕化石(せいこんかせき)」と呼ばれる、太古の生物の足跡、這い痕、巣穴、糞(ウンチ)などの化石。恐竜ティラノサウルスの骨格に比べればひどく地味だが、その研究…

    ウンチ化石学入門(インターナショナル新書)

    泉 賢太郎

  • 病と妖怪―予言獣アマビエの正体(インターナショナル新書) 東郷 隆

    病除けの妖怪「アマビエ」が、コロナ禍でSNSを中心に人気大爆発! では、「アマビエ」とは何者なのか? 本書ではアマビエをはじめとした予言獣や幸福をよぶ瑞獣などの幻の生物たち(妖怪)を紹介し、流行病や災害と日本…

    病と妖怪―予言獣アマビエの正体(インターナショナル…

    東郷 隆

  • 今こそ読みたいガルブレイス(インターナショナル新書) 根井雅弘

    新型コロナウイルス禍がもたらす経済停滞、主要IT企業による世界支配、米中を軸にした新冷戦、一強状態の政治…。新不確実性の時代の今こそガルブレイスの「異端の経済学」を!!

    今こそ読みたいガルブレイス(インターナショナル新書)

    根井雅弘

  • 物理学者のすごい思考法(インターナショナル新書) 橋本幸士

    物理学者は研究だけでなく、日常生活でも独自の視点でものごとを考える。著者の「物理学的思考法」の矛先は、日々の身近な問題へと向けられた。超ひも理論、素粒子論という物理学の最先端を研究する著者は、何を考…

    物理学者のすごい思考法(インターナショナル新書)

    橋本幸士

  • 「腸内細菌」が健康寿命を決める(インターナショナル新書) 辨野義己

    腸内細菌の研究ではウンチの分析が欠かせません。腸内細菌がいかに健康と深く関わっているのか、理想のウンチの作り方から研究の最前線まで、楽しみながら健康知識を高められるオモシロウンチエッセイ!

    「腸内細菌」が健康寿命を決める(インターナショナル…

    辨野義己

著者50音別書籍リスト

ページトップへ