東京S黄尾探偵団 時計台の首縊りの鐘 響野夏菜

トウキョウエスキビタンテイダン08トケイダイノクビククリノカネ 東京S黄尾探偵団 時計台の首縊りの鐘

レーベル名 集英社eコバルト文庫
著者 響野夏菜 ヒビキノカナ
イラスト 藤馬かおり トウマカオリ
配信開始日 2018年08月24日

足を骨折して入院することになった行衡。そんな彼のお見舞いに来た探偵団のメンバーだが、行衡をいたわるどころか、からかってばかり。ついには、「この病院の敷地内にある時計台で、人が首を吊って死んだらしい」という話をして、行衡を怯えさせる始末。その時計台は今はもう機能していないのだが、人が死ぬとなぜか鐘が鳴るらしい。そんな話をした矢先、外から鐘の音が聞こえてきて……?

この著者の作品を見る