【電子オリジナル】聖霊狩り 妖魅の書 瀬川貴次

セイレイガリ16ヨウミノショ 【電子オリジナル】聖霊狩り 妖魅の書

レーベル名 集英社eコバルト文庫
著者 瀬川貴次 セガワタカツグ
イラスト 星野和夏子 ホシノワカコ
配信開始日 2018年07月27日

非業の死を遂げた怨霊が神として祀られたもの、それを御霊という。その御霊を暴走しないように管理しているのが、陰陽寮の流れをくむ影の組織「御霊部」だ。御霊部で働く少年・飛鳥井柊一は、仕事で必要になった物を借りるため、文化庁特殊文化財課――通称・ヤミブン――を訪れた。ヤミブンも御霊部に似て、特殊な呪物を扱う秘密の部署だ。案内された部屋で、柊一がなぜか麻糸でぐるぐる巻きにされていた古びた書物を開くと、綴じられた和紙に捺されていた赤黒い手形――血判が自らの意思を持つかのように動きだして……?(「妖魅の書〜緋色の誓約〜」より)「妖魅の書」をはじめ、文庫未収録だった短編や掌編に加え、書き下ろし短編を収録! 【目次】妖魅の書〜緋色の誓約〜(雑誌「Cobalt」2004年2月号収録)/妖魅の書〜幻燈夜曲〜(雑誌「Cobalt」2004年8月号収録)/妖魅の書〜百鬼絵巻〜(雑誌「Cobalt」2006年2月号収録)/ある日の陰陽得業生(雑誌「Cobalt」2013年7月号ふろく小冊子「異世界トリップBOOK」収録)/オリエントの邪龍(「コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー(2) ちょー聖霊と四龍島」収録)/池袋で逢いましょう(書き下ろし)/あとがき

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。

   

この著者の作品を見る