円地文子の源氏物語 巻三(わたしの古典シリーズ) 円地文子

エンチフミコノゲンジモノガタリ03マキサン 円地文子の源氏物語 巻三(わたしの古典シリーズ)

レーベル名 集英社e文庫
著者 円地文子 エンチフミコ
配信開始日 2014年08月01日

本巻は、いわゆる宇治十帖とよばれる巻である。「橋姫」の巻から「夢浮橋」の巻まで、宇治を舞台に、物語は繰り広げられる。光源氏亡きあと、その子(実は、柏木と女三の宮の子)薫の恋愛、帝の第三皇子匂宮の情熱を描き出す。『源氏物語』への尽きせぬ愛をこめて、現代語訳「円地源氏」ここに完成。

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。

この著者の作品を見る