「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか 黒川祥子

ココロノジョセントイウキョコウジョセンセンシントシハナゼジョセンヲヤメタノカ 「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか

レーベル名 集英社インターナショナルe単行本
著者 黒川祥子 クロカワショウコ
配信開始日 2017年04月28日

福島第一原発から50キロ離れた伊達市には、風にのって多量の放射性物質が降り注いだ。避難できる家と避難できない家の格差を生む政策で、分断される市民の心。先進的に取り組むはずの除染事業は失速。行政は「心の除染」を強調するようになる。不安の中、子どもたちを守るため立ち上がる市民たち、引き裂かれた地域社会を修復するため奔走する若き市議会議員……。「誕生日を知らない女の子」で開高健ノンフィクション賞を受賞した著者が、放射能汚染に揺れる故郷・福島県伊達市の実態と、そこに生きる人々を描くヒューマン・ドキュメント!

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。

この著者の作品を見る