神の子は来りて歌う ――神の子ジェノス 田中啓文

カミノコハキタリテウタウカミノコジェノス02 神の子は来りて歌う ――神の子ジェノス

レーベル名 集英社e文庫
著者 田中啓文 タナカヒロフミ
配信開始日 2017年10月27日

次々と街を滅ぼしてゆく神(シバ)に反発を覚えながらも〈傍観者〉として世界(アスカ)を旅し続けるジェノス。ジラクの町を目指していた彼は、雲を突き抜けんばかりに巨大な塔を発見する。実はその巨大な塔こそがジラクの町であり、民は塔の完成のため、寝る間も惜しんで働いていた。スパイの容疑をかけられたジェノスは、執拗なまでの拷問を受ける。しかしすんでのところで好色家の町長に助けられ、最上階で塔の建築にあたることになった。そこで彼は、ジラクの塔が何のために建てられたかを知って……。傑作ファンタジー第2弾。※この商品にはイラストが収録されていません。

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。

 

この著者の作品を見る