日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル) 山口謠司

ニホンゴヲツクッタオトコウエダマンネントソノジダイ 日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル)

レーベル名 集英社インターナショナルe単行本
著者 山口謠司 ヤマグチヨウジ
配信開始日 2016年04月29日

明治維新を迎え「江戸」が「東京」となった後も、それを「とうきやう」とか「とうけい」と様々に呼ぶ人がいた。明治にはまだ「日本語」はなかったのである。「日本語(標準語)」を作ることこそが国(国家という意識)を作ることである――近代言語学を初めて日本に導入すると同時に、標準語の制定や仮名遣いの統一などを通じて「近代日本語」の成立にきわめて大きな役割を果たした国語学者・上田万年とその時代を描く。

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。