ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日 アンドレイ・クルコフ

ウクライナニッキコクミンテキサッカガツヅッタソコクゲキドウノヒャクゴジュウゴニチ ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日

レーベル名 ホーム社e単行本
著者 アンドレイ・クルコフ アンドレイクルコフ
翻訳 吉岡ゆき ヨシオカユキ
配信開始日 2022年06月02日

ウクライナの国民的作家による「マイダン革命」勃発後半年間の記録と考察。2022年のロシアによるウクライナ侵攻の根源を伝える。世界的なベストセラー小説『ペンギンの憂鬱』の著者であるウクライナの作家アンドレイ・クルコフが、2013年に起きた市民デモ「マイダン(独立広場)革命」の激動の日々――自由を求める市民側と警察や特殊部隊の武力衝突、大統領の国外逃亡、クリミア半島のロシア編入、続く内乱――を一市民の視点から書き留めたドキュメント。池上彰氏のウクライナ解説付。浅田次郎氏推薦。

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。