うさぎ姫の薬箱3 誓いの神酒は毒か薬か 長尾彩子

ウサギヒメノクスリバコ03チカイノミキハドクカクスリカ うさぎ姫の薬箱3 誓いの神酒は毒か薬か

レーベル名 集英社eコバルト文庫
著者 長尾彩子 ナガオアヤコ
イラスト 加々見絵里 カガミエリ
配信開始日 2014年03月20日

【巻末にまんがも収録!】冬の京では、疫病が広がりつつあった。咲良(さくら)と火夏(ひなつ)は玉兎堂で自分たちの仕事をこなしていたが、ある日、火夏が変調をきたす。神気と霊力が著しく弱くなり、呪禁巫医(じゅごんふい)としての仕事ができなくなってしまったのだ。火夏の父から「咲良の父は魔性のもの。火夏の変調は、咲良の近くにいすぎたせいだ」と聞かされた咲良。苦しむ火夏の姿を目の当たりにした咲良が選んだ道とは…!? 涙の完結巻…!

電子書店で購入する

※配信開始日は各書店により異なります。また、書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承下さい。

この著者の作品を見る